スーパーおばあちゃん投稿日:2019/02/21

昨日から、母と祖母が台湾へ3泊4日の旅行に出かけました。

母が台湾の人と友達になり、遊びにおいでよと誘われたんだとか。

 

びっくりしたのは今年で89歳になるおばあちゃんも一緒に行くということです

1年前には足を骨折してしまい、何か月もの間、歩行のリハビリをしながら入院生活をしていたというのに・・・。

とてつもない快復力です。

そして、その歳になって海外に行ってみようという意欲と決断が凄い。

 

昨年の夏、パスポートを取っておきたいというので、一緒に区役所までパスポート申請に行ったのですが、

正直まさか本当に海外旅行へ行くとは思っていませんでした

 

「人生楽しまな損じゃない!」とおばあちゃん。

でも、それに気が付いたのは、1年前、足を骨折して入院生活になってしまった時なんだとか。

「不自由になってみて初めて色んな有り難さが身に染みた。これから先の人生を楽しむのに遅いということはない。だから行けるとき・やれるときに何でも行動してみようと。」

元気たっぷりです。

ご近所さんからは「スーパーおばあちゃん」と言われております(笑)

 

骨折のリハビリ生活を乗り越えここまで快復したのは、悲観的にならず、「いつでも前向きに明るく」を大切にしていたおばあちゃんの精神力が大元なんだと思います。

 

・・・今年で36歳の私の方が、固~い頭になって精神的に歳を取っていたような

 

 

今日の午前中は、台湾の市場を暑い中、6448歩3.2km歩いたそうです。

観光の写真を送ってくれました。

スマホでラインも使いこなしちゃうおばあちゃん(笑)

 

次は一緒にヨーロッパに行こうねおばあちゃん