ちょっとほっこりした話投稿日:2016/12/22

昨日息子が、幼稚園のクリスマスの行事で

クッキーを作ってもって帰ってきました。

袋に5つ入っていたのですが、わが家は4人家族。

どう分けようか頭を悩ませていた息子。

『あ~あと1こあれば、ぼくとおねえちゃん2こで

お父さんとお母さん1こずつだったのにな~』とかひとりで色々考えていました。

 

結局息子が出した答えは

『やっぱりぼくんちは4人家族だけ、最後の1こは4つにわけよう』

でした

ちっちゃいクッキーを4等分に割って、みんなに分けてくれました。

手作りのほろほろのクッキーだから、分ける度に粉々になって

4等分した頃にはもうほぼ全て粉でした(笑)

でもみんなに分ける息子の姿にちょっとほっこりしたのでした。

 

今はこんなに可愛げのある息子ですが、

あと7、8年もすれば反抗期になって、勝手に部屋を開けようもんなら

『何勝手に入っとるだいやー、まじうぜーしー』とか言うようになるんでしょうか

 

私自身、女ばかりの3姉妹でしたので、

男の子の反抗期ってあまり想像がつかないのですが

高校時代の友達の話を聞くと、「廊下の壁に何個も穴がある」 とか。

 

でも大人になってからその壁の穴を見たらそれはそれで

その当時を振り返る良い思い出になるんでしょうかね。

その壁の穴、もちろんプラスホームで直すことも可能です。

思い出のために一個だけ残して補修も可能です。

 

わが家の壁にも穴があいたその時は、一個だけ残して直そうと決めています。

 

IMG_2730

プラスホーム 安藤