家計や環境にもやさしい『外断熱』

みなさんこんにちは。 プラスホームエコ住宅探究チームです。

今回はプラスホームが標準で採用している『外断熱』と 省エネ&エコについてのお話です。

 

断熱効果が高いので、冷暖房費の節約につながって経済的!

冷暖房って、その季節になるとずっと使うものだから、

ちょっとした冷暖房費の差でも積み重なると大きな違いがでますよね。

今年のように、夏が終わったと思いきや、秋をとばしていきなり冬のような気候になると、

つい先日までは冷房設定だったエアコンが、今度はすぐに暖房設定に・・・・・な~んて

エアコンの休む暇がありません。

 

まるでオーバーを着るように、断熱材が建物の外側をスッポリと包み込む『外断熱』なら、

外気の影響を受けにくいので冷暖房効率がよくなり省エネにつながります。

さらに・・・・・冷暖房効率がよいということは、冷暖房の使用に伴うCO2の発生を抑えるため、

地球温暖化防止にも貢献できるんです!

二酸化炭素などの温室効果ガスの濃度が高まり、

地球の平均気温が上昇することによって様々な異常気象が発生している現在、

省エネ&エコな生活を送ることがいかに大切か・・・・・もうおわかりになりますよね?

 

 

『外断熱』は建物の耐久性を飛躍的に向上させて、長寿命化を促します!

『外断熱』によって建物の外側に断熱気密によるバリアをすることで、

外部からの様々な影響から住まいをまもり、住宅の老朽化進行を抑え、

構造体にとって快適な環境を整え、耐用年数を高めることができるんです。

長持ちするということは・・・産業廃棄物も減るということになりますよね!

 

日本の住宅は欧米に比べ耐用年数が短いといわれています。

耐用年数が短いと、建て替えも増えます。

その際に発生するのが建築廃材。

住宅の長寿命化が進むほど建て替えが減り、

その結果、建築廃材などの産業廃棄物も減らすことができます。

多くの資材を使用する住宅を“長く”大切に“”使うことは、地球にやさしく、

私たちの暮らしにとっても大きなメリットがあると思いませんか?

 

『外断熱』によるメリットは様々ですが、

『外断熱の家』とは、住む人の暮らしを快適にするだけではなく、

結果的に“地球にやさしい暮らし”をすることに繋がっていくんですね