木材へのこだわり

中国地区でも屈指の豪雪地域である鳥取県で育った樹木は、鳥取の気候・風土に最も適した 建築資材であるといえます。
鳥取の大寒・大雪・多湿・様々な害虫から生き残ってきた「タフ」 な樹木たちは、私たちの生活に様々なメリットをもたらしてくれます。

どうして木の家?どうして県産材? ~木の家はヒトと地球にとてもやさしい~

  • ●木材は湿度調整機能に優れています。空気が乾くと含んでいる水分を排出し、湿度が上がると、水分を吸収します。室内空間を快適に保つ機能があるのです。
  • ●木材は水とともに、空気も含んでいます。この空気により優れた断熱性能を発揮します。
  • ●木材が持つ抗菌作用により、ダニの繁殖を防ぎます。様々なアレルギーに対する効果があると言われています。
  • ●木材は人の目に最も心地よいとされています。50~60%の反射率で光をやわらげます。
  • ●すがすがしい香りにはアロマテラピー効果があり、心や身体に安らぎを与えてくれます。その空間にいるだけでリラクゼーション効果があるのです。
  • ●木材はフィトンチッドという物質を発生させ、この物質には殺菌・殺虫作用、悪臭除去効果があり、人の心拍数や血圧にも良い影響を与えてくれます。
  • ●環境において、空気中の二酸化炭素を吸収し、伐採されてから木材として使用されても木の呼吸は続いています。さらに廃棄されてからも有害物質を出さず土に返り、再生も可能です。
  • 鳥取の樹木を使うことは、鳥取の山々を健康に保つ事へとつながります。山々を健康に、健全に保っていくためには計画的な間伐が必要です。そして健康な山は多くの二酸化炭素を吸収し、地球温暖化の防止へとつながっていくのです。
  • 木造住宅の新築や新規購入に対し、鳥取県産材を使用すると助成が受けられます。県内に自ら居住するために一定量以上の県産材を活用して新築の木造住宅を建設又は購入される方に対し、1戸につき最大80万円が助成されます。

どうして木の家?どうして県産材? ~木の家は、地震や火災、雨や風にとても強い~

木は軽くて、強い

鉄の比重7.8、コンクリートの比重2.3に比べて、木の比重はおよそ0.3~0.8と軽量。しかし、この比重を強度で割った「引張られ強度」では木は鉄より3倍程度強く、同様に「圧縮に対する強さ」ではコンクリートの5倍程度の強度をもっています。 また、熱を加えると鉄は急速に強度が低下しますが、木材は急に低下することはありせん。さらに木材はコンクリートの約10倍の優れた断熱性能を持っています。 地震大国であるわが国では、「地震に対する心配」がまず頭に浮かぶことでしょう。 しかし、過去の震災等で破損・倒壊し、クローズアップされている木造住宅は、古い建築基準法のもと建築された住宅です。現在の建築基準法のもとで正しく建築された木造住宅は、木材の持つ基本性能を発揮し、地震にも大変強い住宅なのです。

加熱実験でも実証

木材は表面が炭化すると、内部まで燃焼しないという特性を持っています。 これにより、一定以上の断面を持つ木材は火災に耐えうる強さを持ちます。 木材、鉄、アルミニウムによる加熱実験データによると、鉄とアミニウムはそれぞれ3~5分程で強度が著しく低下しますが、木材は15分経っても約60%の強度を維持することが実証されています。 

木造軸組構法の最大のメリット

木造軸組構法は在来工法とも呼ばれ、日本古来の伝統的な木組みを活かした工法です。コンクリートの基礎に固定した土台の上に柱を垂直に建て、梁を水平に渡し、屋根を組むものです。垂直方向の力には柱、水平方向の力には梁で抵抗するのを基本原理に、筋かいと呼ばれる斜材を数カ所に加え、さらに補強金具を使って耐震・耐風構造の強度を高めます。 大きな開口部、複雑な出隅や入り隅をとるなど平面設計の自由度が高く、さらに増改築がしやすいのが特長です。品質の高い住宅を、長い期間にわたって住むことが出来る。これが木造住宅の最大のメリットです。 更に弊社では、柱を全て4寸角(120㎜)にすることで、さらに耐久性・耐震性を高めています(通常は3.5寸角)。